精密金型部品、精密部品加工の専業メーカー
コネクターの精密金型製造 精密金型部品製造
東莞宜澤金型有限公司
Tel:86-769-8188 8522
E-mail: dgyize@dgyize.com
line
line

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

CONTENTS

お問い合わせ

お見積り、ご相談などお気軽にお問い合わせください

Tel:86-769-8188 8522

Fax:86-769-8188 8548

E-mail:dgyize@dgyize.com

Home > ニュースセンター

精密丸物部品の製作工芸について

発表時間:2017-10-19   訪問回数:271

精密丸物部品の製作工芸について宜澤は4つの主な加工技術を持っています。

汎用旋盤の特長(切削加工):人間の手によるハンドル操作で加工する方法です。主軸が回転して刃物をあてます。目視と目盛り及びカウンター、また五感を頼りに加工するため単品加工に向いています。ロット数が増えると、数値制御のNC装置の方が優位性があります。

NC旋盤の特長(切削加工):数値制御によって加工する方法です。主軸が回転して刃物をあてます。数値制御で加工するため、高精度(NC旋盤で0.01mm単位)のR加工やテーパー加工、またRテーパーをつなぐ等の倣い加工が得意です。一度段取りをすると再現性が高い点が優れます。汎用旋盤と比べると段取りに時間を要します。

マシニング加工の特長(フライス加工):数値制御によってフライス加工をする方法です。工具が回転して静止した工作物を加工します。旋盤加工で丸く削った工作物に穴あけをしたり、エンドミル等で側面加工をすることができます。

ワイヤーカットの特長(放電加工):φ0.25mmの真鍮でできた細いワイヤー線と工作物の間で放電することで加工する方法です。電気が通る金属ならば硬さを問わずに超硬合金や焼入鋼まで加工できる点が優れます。旋盤やマシニングで加工した工作物に追加工をします。加工するには貫通している下穴などが必要、止まり穴は不可など加工上の制限があります。


宜澤は精密丸物部品の製作工芸に対して専門加工員を手配して、高品質、高精密金型部品を提供保証べき。


前の篇:2014年9月獅子会愛心イベント
次の篇:日本からお客様は宜澤金型の生産状況、製品の品質などを調査する

 精密プラスチック金型製作メーカ|超精密製作金型部品精密加工|精密プレス金型部品製作|精密プレス金型部品加工| アクセスマップ| sitemap.xml

本社工場 広東省東莞市長安鎮沙頭沙区靖海東路62番三階

TEL:86-769-8188 8522

FAX:86-769-8188 8548

E-mail:dgyize@dgyize.com