精密金型部品、精密部品加工の専業メーカー
コネクターの精密金型製造 精密金型部品製造
東莞宜澤金型有限公司
Tel:86-769-8188 8522
E-mail: dgyize@dgyize.com
line
line

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

CONTENTS

お問い合わせ

お見積り、ご相談などお気軽にお問い合わせください

Tel:86-769-8188 8522

Fax:86-769-8188 8548

E-mail:dgyize@dgyize.com

Home > ニュースセンター

精密丸物部品の製作技術

発表時間:2017-09-13   訪問回数:317

近年金型業界の発展はますます良い、それに部品加工技術も高めること。今日は精密丸物部品の製作技術を例として金型部品加工過程簡単に説明させて、NC旋盤加工、マシニングセンタ加工、切削加工と研削加工などを含まれている。

NC旋盤加工では、難加工とされる薄肉円形状や深溝形状をもつ製品を得意としております。市販の治工具では加工できないような形状に対して、自社で工具および治具を立案・設計・制作することにより付加価値の高い加工を実現しております。

マシニングセンタ加工では、丸モノ形状の他に、角・板材からの削り出しや鋳物・鍛造・溶断品などの素形材加工にも対応致します。3次元CAD/CAMの導入により、DXF、IGES、STEP等各種CADデータでの製作依頼に対応するとともに、同時3軸、4軸、5軸加工が可能です。

切削加工ではワークを加工することにより、ひずみが生じます。このひずみを最小限に抑える目的で、NC旋盤とマシニングセンタを併用し製造・工数管理をすることで要求される高精度な超硬丸い部品づくりが可能になります。

切削加工に加え、研削加工を行うことにより誤差1ummの寸法および0.001単位の幾何精度要求にも対応致します(材質や形状による)

精密丸物部品の製作技術の向上は中国金型部品加工業発展の重要な一歩だ。


前の篇:2014年9月獅子会愛心イベント
次の篇:金型表面処理加工技術について

 精密プラスチック金型製作メーカ|超精密製作金型部品精密加工|精密プレス金型部品製作|精密プレス金型部品加工| アクセスマップ| sitemap.xml

本社工場 広東省東莞市長安鎮沙頭南区合興路122号

TEL:86-769-8188 8522

FAX:86-769-8188 8548

E-mail:dgyize@dgyize.com